女の人

ハウスクリーニングで綺麗にしよう【快適な暮らしを送る方法】

遺体を処理する清掃業

清掃

特殊清掃を利用する方法

自殺、孤独死、事故死、殺人、焼死、溺死、飛び込み、それらの遺体処置をする清掃業務のことを特殊清掃業と呼ぶ。主に変死体や腐乱死体があった場所の清掃、消臭、消毒、害虫駆除、供養、御祓い、家屋解体、リフォームなどの原状回復を行う。現場作業には感染症予防のためにもゴーグルやマスク、防護服で行われる。一般財団法人「事件現場特殊清掃センター」が現場などで適切な対処をする専門家「事件現場特殊清掃士」の通信養成講座とともにその資格認定をスタートし、注目も集まっている。現在特殊清掃従業者の数は全国にわずか1500人しかない。自殺と孤立死を合わせた総数は全国で年間9万人以上であり、需要は高まる一方だ。現在特殊清掃業者は個人で調べて依頼することが可能だが、その際トラブルにならないように専門知識と実績のある信頼のおける業者に任せるのが安心だろう。

サービスを一番望む人達とその理由

特殊清掃のサービスを望む依頼者の多くは何らかの血縁関係のある人達である。しばらく疎遠にしていた兄弟や親が孤独死して発見されたとき、その遺族のショックは計り知れない。部屋に近づくこともできない人も多いと聞く。しかし、近隣住民の迷惑になるため、一刻も早く部屋の悪臭と害虫の駆除をしなければならない。しかし変死の場合普通の引越社などは清掃を引き受けてくれない。このような場合に特殊清掃業者に依頼することになる。特殊清掃業者に依頼すると部屋の清掃、害虫駆除だけでなく、写真、郵便物、印鑑、現金など遺品整理も一緒に引き受けてもらうことが出来る。すべての片づけを一度に引き受けてもらえるのでそのメリットは計り知れない。